スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

檜原村へのショートトリップ ①


檜原村観光協会さん主催の
東京都檜原村モニターツアー

「森の力でリフレッシュ 」に
参加させていただいたので

その詳細をお伝えしたいと思います。

ところで、読者の皆さんは檜原村をご存知
でしょうか?

実は、東京都にあるただ一つの村なんです。
※離島にある村は除きますが。

私もその存在は知っていましたが
実際に訪れたのは初めてでした。

最寄駅はJR武蔵五日市駅で
当日は、スタッフの方達が

駅で、出迎えて下さいました。

武蔵五日市の駅です。
可愛らしい駅ですね。

DSC00587 (1)

駅からマイクロバスで移動して
いよいよ一泊二日のツアーがスタート!

最初に檜原村観光協会におじゃましました。
木の温もりを感じる建物です。

DSC00591 (1)

建物内にてスタッフの方より、今回のツアーに関する
様々な説明を伺いました。

その後、最初の目的地「払沢(ほっさわ)」の滝へ

滝への入口でガイドさんが事細かに
説明してくださいました。

DSC00593 (1)

途中の遊歩道はこんな感じです。

DSC00604 (1)

これが 払沢(ほっさわ)の滝です。
決して大きくはないですが、存在感のある滝です。

落差は、約60メートル程で、厳冬期は凍るそうですが
今回は凍っていなかったのが残念です。

DSC00607 (1)

次に車で向かったのが 「天狗滝 」です。

この滝に行くには、けっこうな山道を歩きますので
靴や服装等は、ある程度動きやすいものが良いですね。

こういう山道で、けっこう傾斜があったりします!

DSC00630.jpg


又、滝に向かう道中には 「小天狗の滝 」 と称される滝があり
これを天狗滝と間違える方も多いとか。

これが天狗滝です。落差は38メートル程ですが
近くで見ると、かなりの迫力で

滝つぼでは、山女がゆったりと泳いでいました

DSC00623 (1)

山道の途中には、こんな渓谷もあり
大自然の中にいることを実感できます。

紅葉には少し早かったのが残念でした。

DSC00708.jpg

本日の予定はこれで終了、今夜の宿泊地である
登録文化財の宿「蛇の湯温泉 たから荘 」さんへと到着です。

さすがは築300年以上だけのことはあり
趣のある立派な建物です。


DSC00640 (1)

さすがは築300年以上だけのことはあり
趣のある立派な建物です。

屋根は兜造りという茅葺き(かやぶき)で作られ
東京に現存するたった一つの秘湯の宿です。

お部屋は純和室です。

DSC00643 (1)

源泉から直接引いてきた温泉が自慢だそうで
入浴が楽しみですが、その前に腹ごしらえ!

お待ちかねの夕食です。

ゆったりとした大広間でいただきました。

テーブルには山菜をはじめ、たくさんの料理が
所狭しと並びます。

DSC00647 (1)

お約束の川魚、山女です。
美味しかったー!

DSC00653 (1)

シメは、宿のご主人が手打ちのお蕎麦です。
コシがあってたまらない食感です!

DSC00660 (1)

食後、温泉にゆったりつかった後は、山歩きしたせいか
あっという間に寝てしまいました。

②に続きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マクドウナルド

マクドウナルド

旅行・イベント・エンター
テインメントが大好きです!

皆さんとオトク情報を共有したいと思っています。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。